キャッシングでの取り立てってどんなふう?

良く、キャッシングというのはイメージ的に取り立てが厳しいようなイメージがあると思います。

昔は確かにかなり厳しい取り立てがあって、夜逃げや一家離散なんて言うようなことがあったりすることも多くなかなか借入する気が起きず、

手を出さない方がいいというイメージが大きいです。

ですが、その心配はありません。今はそういったことはできないようになっています。

現在の賃金業法は下記に該当する方法によるお金の取立ては禁じられています。

・夜間,早朝(21時?8時まで)の電話.訪問等の取立てを禁止

・借主本人の個人情報をほかの人に伝える

・恐喝(大声.暴力的な言動)まがいの取立て

・勤務先への取立て

・ほかの消費者金融業者から借入れて返済を迫る

・大人数(3人以上)での取立て

・暴力的な取立て

・返済義務のない人(親族等)への取立て

・プライバシーの侵害

ですので、法律に違反する鵜なことをすると業者は処罰されて最悪事業が取り消しになってしまいます。

もちろん事業がつづけられたとしても、悪いイメージがついてしまうから、ただでさえ厳しい状況の業界なのに

余計に厳しいことになりますから、まずやれないのです。

現代では支払いが遅れてもまずは手紙や電話で分かりにくいように連絡が来るだけですので

よほど変なことをしない限りは家に直接来るようなことはないので安心してください。