浪費癖のある家族のキャッシング契約を止めるには、どうしたらいいのか?

キャッシング契約は、借り入れにより生活状況を改善することも可能ですが、逆の問題として浪費癖のある人が高額な借金を抱える原因ともなります。家族が内緒でキャッシング契約をすることで返済に苦しむケースがあること、浪費癖が酷く自分自身ではコントロール出来ないという人も少なからずいます。

この場合、日本貸金業協会が行っている『貸付自粛制度』を利用することで、借金の増加を防ぐことが可能です。制度を適用する際、本人(自粛対象者)または法定代理人、自粛対象者の配偶者や二親等以内の親族、そして三親等以内の親族が申請することが出来ます。

この制度により、(株)日本信用情報機構や(株)シー・アイ・シーに自粛制度適用の情報が登録され、撤回申請または約5年間の機関が経過しない限り、貸金業者からの借り入れを出来なくすることが可能です。また、貸金業者だけでなく、信販会社や消費者金融系保証会社へ保証委託を行っている銀行カードローンも実質的に契約を制限することが可能になります。

どうしても、家族の借金で苦しむ場合、この制度を利用することで生活状況を改善することが出来ます。また、キャッシング契約以外にも、クレジットカードを申し込み・契約することを制限出来ます。

キャッシングは、手軽に利用でき便利な点もありますが、このことにより問題を抱えている場合は貸付自粛制度を利用することは債務整理を未然に防ぐことで有効になります。