今となってはもう取り立てが厳しいことはほとんどない。

昔においてはキャッシングはかなり取り立てが厳しいというイメージがありました。

毎日電話してきたり、朝も夜もなく取り立てがあったりすることや、大手企業でも鍵穴に接着剤を入れたりして逃げられないように厳しかったようです。

場合によっては逮捕者も普通に出たほど、かなり厳しい取り立てがあったもので、あまりに厳しすぎて自殺者が出るほどでした。

それらの経緯があって、現代では、法律で取り立ては厳しく制限されており、以前のような厳しい取り立ては違法業者でもない限りやらなくなりました。

法に従って、規則的な方法で取り立てや債権回収をしており、もはや昔の話といっていいほどキャッシングの取り立ては厳しくなくなってきたのです。