おしゃれOLの高級志向で、節約も両立させちゃう?

「お金って気付いたらなくなってるよね…。」

そのような会話を友人とすることが多い私。一念発起して始めたのが、節約生活。美味しいものもたくさん食べたいし、おしゃれもしたい。その為の節約術がこちら。

私の週3~4回食べる、夜ご飯は、アボカド、サーモン、白ワイン、チーズ、はちみつ。これだけだと、ただの浪費家に見えるかも。でもよく考えてみると、これって無駄を削ぎ落とした食事の最終形だと私は思う。

これらの代わりにお惣菜を買ったり、ビールを2缶買ったり、スナックを買ったり、なんてすると、逆にお金がかかっちゃうし、なんだか、前者の方が心も満足している気がする。

これを仕事終わってからの、夜ご飯にしてからというもの、知らない間に食事に一ヶ月5万円使ってた!なんてこともなくなっていたし、外食をしなくても家で満足しているからか、人を呼んで家でまったりするというスタイルに変わって食費がだいぶ減った最近の私の生活。

あとはスタバのタンブラーを買うこと。保温機能はないし(物による)、かさばるし、持ち運びも全然便利じゃない。利便性の基準は満たせないけど、私の虚栄心は満たせちゃう。「スタバのタンブラーを持っている私」というブランディングが素敵と思うからこそ、タンブラーは持ち歩く。そして中身はコーヒーでも紅茶でもお水でも。

このタンブラーがあればこそ、飲み物を自動販売機で買ったり、カフェで買うことも大幅に減る。ファッションの一部としても取り入れられる、スタバマークのタンブラー持って飲み物代も節約なんて賢いOL感出ちゃうんじゃない?