キャッシングに設けられている限度額

キャッシングを含めお金を借りるのは限度額が設けられています。

それは総量規制と呼ばれるもので、世帯全体で年収の3分の1以上の借り入れはできないと決められているのです。

ただし自動車や住宅などの一部のローンはその借り入れの対象外です。

具体例を示せば、1200万の年収の場合400万円までしか借りることができないと法律で定められています。

金融会社一社で400万円以下ではなく、複数社であっても総額400万円までしか借りられません。

これは多重債務で自己破産する人を防ぐための処置です。

では、どの金融会社でも400万円まで借りれるかというとそうではありません。

各金融機関で総量規制範囲内の独自の基準の限度額が設けられているからです。