携帯電話業界も安くするプランを提唱

大手のドコモなどが、2019年の6月度よりギガプランの改定を行う事となりました。これまではスマートフォンのヘビーユーザーに対しては定額制によりかなり高い金額を請求していましたが、それこそ3千円台より活用出来るスマートフォンのプランを設定してす。

このことからもauやソフトバンクなどもドコモの料金の動向に対して価格をあわせる考えでなければ、利用者が流れてしまう恐れもありそこは必死に価格を下げて対抗しそうです。今後に置いてもスマートフォン利用者がこれまで6千円などを支払っていた形を半額にすると言った流れが進もうとしています。

家計にとってはこうした通信費がやはり家計の負担になっているケースも多くそれこそ格安SIMを活用して少しでも安くスマートフォンを活用したいと考えている様です。こうした家計に対しても消費税アップ前に少しでも安いプランを打ち出して利用者を獲得したい動きが伺えます。

そのことからも価格競争は始まっていて、安いところを求めて利用者がそれこそ節約につなげるためにしっかりと安いプランで利用する図式が出来上がります。毎月の事でランニングコストを考えると3千円でも安くなればとてもありがたいと感じます。