キャッシングの返済は余裕を持って行いましょう

キャッシングをしたら、毎月決められたタイミングで返済をしていく必要があります。

しかし、「当日ぎりぎりに返済しよう」と考えてしまうと、もしも返済できなかったときに、滞納の扱いとなってしまいます。

滞納してしまうと、返済が完了するまでのあいだ、新たな借り入れをすることができなくなります。

また、滞納してしまった場合、遅延損害金も発生します。

いうまでもなく、事件や事故、天災や停電などで、ATMが使えなくなる、ATMに行けなくなる、という非常事態なども考えられます。

天災による停電の場合、復旧のめどがすぐ立たないことも有り得ます。

そのため、キャッシングをしたら、必ず、日数に余裕を持って返済するようにしましょう。