キャッシングの限度額の基準は法律で決まっている

キャッシングの限度額の基準は法律で決まっています。

キャッシングは、貸金業法という法律によって提供されている少額融資のサービスであり、銀行法で提供されている大口の融資のサービスとは全く異なる融資のサービスのことを言います。

最も異なる点は、キャッシングには総量規制という融資の枠に関する規制が存在することです。

総量規制は、融資の申請をしている人の年収の三分の一を上限として融資の枠に限度を設定する規制のことを言います。

当然、総量規制の目的は無意味な融資によって融資の契約に関わっている当事者同士のトラブルを無くすことにありますので、勝手な判断によってこの規制を破ることは出来ません。

総量規制の限度額の考え方は非常にシンプルでわかりやすいものです。

例えば、年収300万円の人がお金を借りるときには限度額が100万円になるわけですが、この100万円という基準は全ての貸金業者を含んだものになります。

つまりある会社から20万円のお金を借りたときには、他の会社からは差額の80万円を借りることが出来るわけです。

総量規制が適用されるサービスは限度額がある反面、審査が非常にゆるくなっているという大きなメリットがありますので、複数の会社からでもお金を借りることが出来るということを忘れてはいけません。