キャッシングの審査で大切な信用情報

キャッシングの審査で重要になるポイントのひとつが、信用情報です。これまでの借入などの記録が記載された信用情報に問題があれば、その時点で審査が終わってしまうということも多く、審査を受ける前には信用情報に問題がないかを確認しておくことが大切です。

審査に通ることができない状態になるのが、債務整理の記録です。債務整理を行った場合は、そこから5年から10年はその記録が残り、キャッシングの審査に通ることができません。それ以外に、長期間の延滞がある場合も審査に通りにくくなります。長期間の延滞に対する判断は業者によって異なり、延滞があれば審査落ちになってしまう業者もあれば、過去に延滞があっても現在は問題なく返済をしている状態であれば審査は可能とする業者もあります。延滞に関する情報は1年から5年程度で消えていきます。そのため、心当たりがあるのであれば、消えるのを待って審査を受けることがおすすめです。

信用情報には、キャッシングの記録以外に、携帯電話料金やクレジットカードの支払い、奨学金の返済など、様々な情報が記載されています。キャッシングの審査を受ける前には、こうした支払いや返済に問題がなかったかを確認しておくことがおすすめです。