アルバイトでもキャッシング可能な所を探そう

キャッシングが出来る人は、会社員に限られていると勘違いしている人がいます。
確かに審査が厳しく低金利なカードローンならば、アルバイト勤務では審査に通ることすら無いでしょう。
しかし、カードローンに申し込む時点で、お金が無いから借入れを行なうことに違いはありません。
返済能力に見合った貸付を行えば、回収不能となる可能性は低くなるので、審査を通す側の問題となるわけです。

消費者金融からの借入れを行なうためには、アルバイトで得られた年収の1/3以内に借入れを抑える必要があります。
なぜなら、貸金業法に基づく貸付を行なう消費者金融は、総量規制により貸付総額を制限されているからです。
違法な貸付を行なうと、貸金業者側に罰則規定が適用されてしまうので、真剣に個人信用情報機関を定期的に確認しつつ貸付額を規制しています。
一方、銀行カードローンの中には、アルバイトでも申込可能と謳っている銀行もあるので、一度検討してみると良いでしょう。
銀行カードローンならば、総量規制対象外ですから、年収の1/3を超える貸付も可能です。
家族と同居している場合など、世帯収入をベースに審査を行なってもらえるケースもあるので、利用規約や申込み条件を確認して検討すると良いでしょう。