銀行のカードローンは便利

キャッシングで現金を借りるという方法があります。

キャッシングできるのは、消費者金融や銀行からです。

その中で総量規制というものがあります。

それは借りる人の年収に応じて借りることのできる額の上限枠が定められているのですが、具体的には、年収の1/3となっています。

これは借りる人を守ることにもなるのですが、対象となっているのは消費者金融。

銀行は対象外となっています。

しかし、銀行のカードローンによる借り入れについては、消費者金融よりも審査の手続きと時間が必要になってくるのが一般的です。

突発的なキャッシングが必要な場合に消費者金融の方がやりやすい面があるのですが、総量規制の面から考えると銀行ローンの方がいい場合もあります。

また、金利も銀行カードローンの方が低く抑えられていますので、前もって使うことが予想されるのであれば、銀行のカードローンの手続きを事前にしておくことが望ましいと言えます。

銀行のカードローンを使えるようにするためには、その銀行の口座を作る必要があるのですが、給料の振込や公共料金の引き落としなどで、銀行口座を持っているのであれば、その銀行でカードローン利用申込をすると、比較的に短時間で完了する場合もあります。