キャッシングの限度額を上げてもらうには

キャッシングの限度額は年収の三分の一までという総量規制に従ったものと、貸金業者独自が設定しているものの二種類があります。

キャッシングの場合、限度額は取引回数や返済状況、年収などを考慮したうえで設定されることになるので基本的に総量規制の年収の三分の一までという上限まで借りられることはほとんどありません。

また、キャッシングを初めて利用した人や取引の回数が少ない人の場合、その人物が果たして信用できる人であるかの判断材料が出揃っていないため限度額は低めに抑えられる傾向にあります。

もっとキャッシングでお金を借りたいという人の場合には、幾度かキャッシングでお金を借りて返済を繰り返し取引回数を増やしたうえで増額申請をして限度額を引き上げてもらうしかありません。