キャッシングの審査では個人信用情報機関に登録されている内容が重要です

キャッシング先として銀行を選んだ場合と、信販会社や消費者金融を選んだ場合では、審査段階で利用する個人信用情報機関が異なります。信販会社が加盟するCICと消費者金融が加盟するJICCは、相互接続をしているので共通の信用情報が記録されていることが多いです。銀行が加盟するJBAには、登録されている信用情報が同じとは限らず、金融事故情報についてのみ異動情報の相互接続によりCICとJICCに掲載されている情報がJBAでも確認可能となっています。

複数のカードローンに同時に申し込みを行なう際には、可能な限り銀行カードローンと消費者金融といった加盟している個人信用情報機関が異なる金融業者へ申し込みすると良いでしょう。申し込みを行なった事実は、リアルタイムで加盟している個人信用情報機関へ登録されますが、参照先が異なる金融業者同士では異動情報に掲載されるほどの重大な金融事故を起こしていない限りキャッシング審査に影響が出ることは少ないでしょう。キャッシングの申し込みを短期間に複数行なうことは、不自然な申し込みとして金融業者からは嫌われる状況となります。3社続けて審査落ちしてしまった段階で、大手金融業者を諦めて、中小消費者金融の中でも窓口審査を行っている所へ出向いて正直に申し込み履歴を申告すると審査に応じてもらえる可能性があります。