銀行系のカードローンは総量規制対象外です

人がキャッシングを利用してお金を借りるためには申込をして審査を受ける必要があるのですが、その際に継続的な収入があるのかどうかを審査されます。その理由として収入を得ている人のほうが融資をした後しっかり返済をしてくれる可能性が高いということもありますが、総量規制の問題が大きいです。総量規制とは人に対してお金の貸付をしようとする場合にその限度を定めた規制のことをいい、具体的には原則として申込をした人の年収の3分の1までしか融資をすることができないことになっています。そのため収入を得ていない人は総量規制の適用を受ける貸金業者では融資を受けることができないので、消費者金融を利用してキャッシングをすることは難しいということになります。

しかし専業主婦やアルバイトなど収入に問題のある人は銀行系のカードローンを利用してキャッシングをしていますが、これは銀行が総量規制対象外だからです。そのため融資を受けることができる額も年収の3分の1までという制限もないので、申込をして審査に通過できる可能性もあります。

また収入のない専業主婦は仮に総量規制の問題をクリアできたとしても返済してもらえるかどうかという問題がありますが、旦那に継続的な収入があればその点もクリアすることができます。そのため専業主婦が申込をする際には旦那に継続的な収入があるかどうかを審査することになるので、特に問題にはなりません。

また総量規制対象外の銀行系カードローンはおまとめローンや借り換えをする際にも便利です。